白木屋の外観

通りから見た外観

建築当初は、東側駐車場部分にも蔵があり、現在資料館として利用している西側の蔵とあわせて洋館を土蔵が左右から挟むシンメトリックなデザインでした。

和洋を並べた不思議な調和をみせていたのですが、残念ながら昭和40年代に取り壊してしまいました。

また、当初は二段ほど土台を高くしてありましたが、道路が大分高くなりやや格調を減じた感はあります。

七日町通り:白木屋付近を東から西へと見る

店舗外観 

白木屋漆器店外観

奥の庇のある建物が資料館として使用している蔵です。

戦後貸し店舗として利用したため外観が変更されておりました。2004年に従来の外観に近づける形での整復工事をいたしました。

 

店舗一階正面。向かって左手に自動ドア 

店舗一階部分の正面

中央向かって左のガラス戸から店内にお入りいただけます。

資料館(入場無料)も内部でつながっております。

 

滝谷建設の入居するギリシャ風建築 

お隣さま

お隣のギリシャ風円柱の建築は、昭和初期の鉄筋コンクリート建設で、郡山橋本銀行の支店として建てられました。現在は、滝谷建設さんが入居しています。設計は著名な建築家であった岡田信一郎です。

→月刊 岡田信一郎の記事をみる

→滝谷建設さんのぺージ

 

© 2017 shirokiyashikkiten