検品作業のイメージ

 

当店の役割りとは・・・

カラーの部分が当社の役割りです。

製品の企画

白木屋漆器店の製品

お客様のニーズを研究し、製造計画をたてます。

デザインや数量を決めます。

製造工程(素地から塗上りまで)

漆器の素地を作る

木地師さんや惣輪師さんに、素地を発注します。

自社工場での下地工程

自社工場

自社工場で下地工程を行います。

塗師さんの工房で下地も行なう場合もあります。

下塗在庫

仕掛品の在庫

下地上がりや、下塗上がりでしばらく保管する場合もあります。
 写真は、屠蘇の盃台の下塗済のものが在庫してあるコーナーです。

塗の工程

塗色や数を決めて塗師さんに塗を依頼します。

検品と保管

塗り上り検品

塗上りの検品

塗りあがった商品を検品します。
傷や塗りむらが無いか調べながら、汚れを落とし、 一つづつ包みます。

蔵に運ぶ塗り上がり在庫

保管

検品が済んだら 蔵で保管します。

この在庫があるので、 ご注文に応じての蒔絵にも 短期間で対応できます。

製造工程(加飾と仕上げ )

蒔絵の作業

必要に応じて蒔絵師さんや沈金師さんに加飾を依頼します。

内張りの作業内張りや、金具付けの工程が加わるものもあります。

販売への準備

蒔絵検品

 再検品

完成品の最終検品をします。

袋詰め作業箱詰め作業

梱包作業

和紙の袋に入れたり、薄様で包んでから
箱詰めします。

製品の在庫

在庫管理

温度、湿度の安定した蔵の中で保管します。
写真は、加飾(蒔絵や沈金)した製品を保管している蔵の内部です。
重箱のコーナーが写っています。

販売

商品をお客様へ

お客様のお手元へ

店頭での販売の他、インターネットや電話などによる通信販売もいたしております。

また、全国の小売店様、百貨店卸様への卸販売もいたしております。