会津の漆器業 3

会津漆器徒弟学校

明治二七年政府は実業教育費国庫補助法を制定し実業教育を奨励した。これを受け明治二八年本郷村に窯業徒弟学校設立された。

遅れること三年、明治三十一年に漆器産業の技術者を養成することを目的として、国庫の補助を受けて、会津漆器徒弟学校が設立された。現在の市内馬場町五丁目にあった。徒弟学校としては四期の卒業生を送り出している。

授業では、会津の漆器産業の実態に合わせ、木地、塗装、蒔絵各部門に分かれ基本的な技術の学習と実習を行った。およそ各科目一クラス九人程度が入学したが、卒業するのは三名ほどになってしまったらしい。授業料は無料で、生徒には市から補助金が支給されていた。

明治三五年、若松市は学校用地購入資金を寄付し九月学校設立の許可を受け、建築工事に着手。

明治三七年、現在の県立会津工業所在地に校舎が、完成。生徒を募集し、開校した。これに伴い、両徒弟学校は廃止された。

明治三十八年には第一回の卒業生を輩出している。

明治四十年代から大正にかけては、皇太子を始め皇族方の台覧が度々あり当時の若松市がいかに力を注いでいたかをうかがい知ることができる。

日露戦争後の不況期に工業学校の主催で新規図案のコンテストがあり、今に続く、錦絵や菊桐朱磨の蒔絵が生み出されたことも忘れてはならない。

戦後の学制改革で県立会津工業高等学校となり漆工科としてその伝統は引き継がれた。その後工芸科に名称変更、昭和六一年に募集停止され、その役目をおえた。

昭和四六年、当時の深刻な後継者不足を受けて、工業高校とは別に、会津漆器協同組合連合会は、会津若松市、県ハイテクプラザ(当時は工業試験場)、関係諸機関の参加を得て会津漆器後継者養成協議会を設立し、二年間の研修期間での後継者の育成事業を開始した。後継者養成の事業は実質的にはこちらに受け継がれたと言えよう。