黒塗銀杏形のかんざし 青海波蒔絵

解りにくい漆器用語

漆について

精製した漆は、透き通った濃いあめ色をしています。
そのため、純白の色漆(漆に顔料を混ぜたもの)は作ることができません。また、青や紫も難しい色です。
どんな色漆も、始めはかなり黒っぽく仕上がります。
時間の経過と共に徐々に漆が透明化してきて、顔料の色が発色してきます。

塗の色について

本朱
(ほんしゅ)
朱の顔料を漆に混ぜて作ります。
古代朱
(こだいしゅ)
本朱よりもやや黒っぽい朱を使って作ります。落ち着いた発色が魅力です。
洗朱
(あらいしゅ)
明るいオレンジ系の朱を使います。黄色みを帯びた、軽快な発色です。
ため
(溜)
弁柄を混ぜた赤漆の上に半透明の漆を塗り、あめ色に仕上げます。
始めは黒に近く見えますが、時間の経過と共に、赤みが透けてきます。
漆を鉄分と反応させて黒色を出します。いわゆる「漆黒」です。
めはじき
(目弾)
表面に木目のザラザラ感がはっきり出るように仕上げます。
木目が漆を弾いたようにみえるので目弾と呼ばれます。
きじろ
(木地呂)
あめ色に透ける上質の漆で、木目が透けて見えるように仕上げます。

模様を描く技術に関係するもの

漆器の上に模様を描いて装飾する工程を加飾(かしょく)とよんでいます。
蒔絵のほかにも漆絵や沈金などさまざまな技法があります。

蒔絵
(まきえ)
漆で文様を描きその上に金粉などを蒔いたものです。
漆絵
(うるしえ)
漆だけで文様を描いたものです。
1色だけのシンプルなものから、金箔や蒔絵を併用したものまでさまざまです。
沈金
(ちんきん)
漆塗の表面に刃物で浅く文様を彫り、金箔や、消粉を埋め込んだものです。
消粉
(けしふん)
金箔をさらに粉末にした一番細かい金粉です。やわらかな発色が持ち味です。
会津では、蒔絵に多用します。
色粉
(いろこ)
漆に混ぜる顔料と同じ物ですが、金粉と同じように、蒔絵に使用します。
絵画的表現に適します。
青貝
(あおがい)
アワビ貝の真珠層を、薄板状に加工したもので、青みを帯びた光を放ちます。
漆器に使われる様様な貝の中で一番ポピュラーなものです。